日本航空123便墜落事故




【事故概要】
 1985年8月12日午後6時56分、日本航空123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747SR-46ジャンボジェット機が群馬県多野郡上野村の高天原山に墜落した事故である。

 事故調査は、「同機がしりもち着陸事故を起こした後のボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が原因」とする航空事故調査報告書が1987年6月19日に公表され終了している。

 運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると、死亡者数は乗員乗客524名のうち520名、生存者は4名であった。死者数は日本国内で発生した航空機事故では最多であり、単独機の航空事故では世界最多である。

 乗客の中には著名人が多数含まれていたこと、夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、企業の役員や外国人、家族連れの犠牲者も多かった。


【遺書】

河口博次さん(52)
谷口正勝さん(40)
松本圭市さん(29)
白井まり子さん(26)
対馬祐三子さん(29)
村上良平さん(43)

乗客
生存者の一人・落合由美さんの証言
陰謀説




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ